BLOGブログ

ブログ

保管期間の長いランドセル!


日ごろから、保管期間の長いランドセルのご相談が多く入ります。





残念ながら、人口革のランドセルは10年以上保管されると、全くリメイク出来ない状態です。今まで、早いもので3年でリメイク出来なかったランドセルがありました。保存場所が大きく作用するみたいです。





本革のランドセルは、20~30年保管していてもリメイクできるものが多くありますが、全て裏側の内装がひび割れしています。この場合、別途料金(¥3000円)はかかりますが、裏側を革に貼り替えます。





そして、表側を折り曲げてもひび割れしないのですが、縫製の針を入れるとそこから裂けてくることが何度かありました。ですので最近は、別途料金(¥3000円)を頂きますが、裏側の内装を外し、表と裏の両面から3日かけ、たっぷりとミンクオイルを浸透させます。そうすると意外と針穴からの裂けが起こらないことが多いです。長期保存期間に、革の手入れをされていればこのような料金もかからないのですが、材料と手間がかかりますので、ご了承ください。





針穴から裂ける写真とミンクオイルで手入れしている写真です。





縫い目から裂けてきています!16年前のランドセルです。




表面、たっぷりミンクオイルをつけています。30年前のランドセルです。




裏の内装を剥がし、革の裏側からミンクオイルを塗っています。30年前のランドセルです。





SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 保管期間の長いランドセル!

〒563-0104
大阪府豊能郡豊能町光風台1-5-4
© 2019 ルーラル / rural